CATEGORY ORCSOFT.team.ZOMBIE

エロ漫画 聖ヤリマン学園パコパコ日記2021

~オリジナル本編~
初めて少女をサポートした時のことは、ハッキリと覚えている。
去年の夏。結婚20周年を迎えた妻と、わたしのことが生理的に気持ち悪いと言った妻と、離婚した直後のことだった。
恥ずかしくない暮らしがしたいと言う妻のために、昼もなく、夜もなく働いた。
その結果が、自分より二周りも若い男との浮気だとは……と、大いに驚いたものだ。
不思議と怒りも悲しみも湧かなかった。働きアリのような生活は、妻への愛情を奪い去ってしまっていた。
だから離婚が成立したその日の夜は、むしろ晴れ晴れとした気持ちだったと思う。
珍しく一人で酒を飲み、独身時代のように夜の街を徘徊した。
様変わりして若者のものになってしまった街並みを見て感慨に浸っていると、視線に気付いたのだ。
「──」
もしいたならば、自分の子供ほども年の離れた少女だった。
自分のような中年と電車で隣り合ったなら、嫌な顔をして離れていきそうな、制服を着た少女。
だが彼女は、離れるどころか近付いてきた。そして言ったのだ。
「ねぇ、もしかしておじさま、暇しちゃってるの?」
むわり──と。
生意気に、濃厚な牝の匂いを漂わせながら。

~2021年番外編~
ヤリマン学園の少女たちと親交を深めはじめてから早数か月、いぜん性欲も肉棒も衰えることを知らず。
今夜もどこかの街角で、少女の顔をした牝たちを物色することにした、あなた。
その下準備にアダルトグッズ専門店を訪れたあなたの目に、ヤリマン学園の制服を着た真面目そうな少女が、コンドーム売り場を物色
しているところに出くわす。いくらヤリマン学園の名で呼ばれる聖マリアン学園の生徒とはいえ、堂々と制服姿でアダルトグッズを物
色する少女に面食らうも、あなたはすぐに思いなおす。
(いやいや、最近は卒業生が『ウケが良い』からって、制服を着てることも多々あるからね)
そう。ヤリマン学園の制服は『そういう需要と供給』の良い目印なので、卒業しても着る女性が一定数いるのだ。
何気なく制服姿の女性に近付いて、その顔を横からちらりと覗き込んだあなたは、今度こそ驚愕する。
卒業した大人の女が制服を着ているのではない。はっきりと、現役生であろう若々しい顔立ちの真面目そうな少女が、手に持ったゴム
製品をじっと見ていたのだ。恥じらうでもない、興奮しているのでもない、真面目な優等生が見知らぬ教材を前にしたような、そんな
真剣な眼差しで。
「すいません。ひとつ尋ねても宜しいでしょうか?」
「えっ……!? あ、ああ……構わないが」
急に視線を向けられて、驚くあなた。対して少女はあくまでも冷静に、何の気負いも照れもなく、あなたに問いかけてきた。
「これは男性用の避妊具……いわゆるコンドームという認識であっていますか?」
少女が手に持っていたのは、指に装着するためのゴム製品──指用コンドーム風グッズというものだった。いわゆる普通の、男性器用
のコンドームではない。あなたがそう説明すると、剥きだしになっている試供品の個包装を見て、少女が感心した風に言った。
「なるほど、だから他よりも細長くて小さい包装なんですね。男性器はこれくらいの大きさのものもあるのかと思いました」
「どうなんだろう。その辺はちょっと、あまり他人と見せあうことも無いので分からないが……」
「でも、指用のコンドーム風グッズですか。言われてみると良い商品ですね」
「一説には便器よりも10倍汚いと言われているスマートフォンや、誰が触ったのか分からないドアノブなんかを触っているのが手や
指なわけですし」
「それに、爪が伸びていたり欠けていたりして、男性器や女性器を傷つけてしまうのも防げるわけですから……なるほど……」
少女はいたって真面目な顔つきで何度も頷くと、その指用ラブグッズ『findom』と、すぐ近くに並んでいた『SKYN』という名のコン
ドームを手に取って、そして言った。
「ありがとうございます。こんな得体のしれない人間に、丁寧に教えて下さって」
「いや、それは良いんだが……さすがにヤリマン学園とはいえ制服姿だと色々マズいかもしれないから、長居しないほうが良いよ」
「そうですね。わたしもそう思います。ですので、一つお願いがあるのですが──」
「お願い?」
「これも縁かと思いますので、わたしにこれらの使い方を教えて頂けませんか──」
──わたしのカラダを使って。
こともなげに、言ったのだ。

必要環境など
OS:日本語版 Windows/7/8/10
CPU:win7以降の場合Pentium3 1GHz以上(推奨Pentium4 1.4GHz以上)
ドライブ:4倍速以上のDVD-ROMドライブ(推奨8倍速以上)
メディア:DVD-ROM
メモリ:512MB
ビデオカード:1280×960/65536色以上表示可能なディスプレイ及びグラフィックボード
DirectX:DirectX9.0以降が導入されている環境を推奨
ボイス:女性フルボイス、卑語無●正
「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。

エロ漫画 奥様は元ヤリマン2022

「たまには悠斗をひとりじめしたいしたいしたい~~!」

物語の主人公・雨宮悠斗(あなた)が、奥様たちと色々な意味で「仲良し」になって、しばらくたったある日のこと。季節は世間一般的な夏休み直前。毎度のごとく、オス1匹にメス3匹のグチャドロ汗まみれセックスを堪能して一息ついているところに、駄々っ子のごとき声がこだまします。仲良し奥様三人組のうちのひとり、守崎恵がフローリングのうえでジタジタと手足をジタつかせます。バタバタよりも若干控えめな動きです。

「そんなこと言ったって……」
「そうよ。今だって週に一度はひとりじめしてるじゃないの。当番制で」

恵の友人、奥寺杏奈と鈴元眞子が、呆れと困惑を混ぜたような顔で続けます。
そういうことじゃないんだよ、と、じっとりした目で恵は言いました。

「ひとりじめしてるって言ったって、週に一度この部屋に来てふたりきりでセックスするだけじゃん!」
「そうだけど、嫌なの?」
「嫌じゃないけど……ほら、もっとこう、どこかふたりで一緒に遊びに行ってさ……その帰りにみたいなさ……」
「ただヤルだけじゃヤダってこと? メグちゃんって、いくつになっても乙女なんだから☆」
「いくつになってもとはなんだ。おお、喧嘩か喧嘩か?」
「顔真っ赤にして喧嘩も何もないでしょ。乙女な恵ちゃん☆」
「うぐぐぐぐぐ……」

悔しさと照れくささをないまぜにして歯ぎしりする恵は、我関せずを貫いていたあなたを睨みつけてきます。

「悠斗、お前はどうなんだお前は! カラダだけか!? セックスだけできれば満足か!? おーっ!?」
「いや、そりゃ僕だって恵さんと普通にデートして、そのあとになんか……こう、恋人みたいにイチャイチャしたいなとか思うよ……」
「おっ、おう……そうか……おう……」
「いい歳して照れるなら変な絡みかたするんじゃないわよ」
「いい歳って言うな!」
「皆さん若いですけどね。僕からみたら近所の大人のお姉さんみたいな」
「ええーっ! お、お姉さんってお前……口ばっかりうまくなりやがって……ぐふふ☆」
「ほんと悪いヤリチンになったわねぇ……もうっ、お姉さんだなんて……いひひ☆」
「そうよ。さすがにお姉さんは言い過ぎよおっ、そこまでいくと嘘くさいわよ……でへへ☆」
締まりのない顔をして喜ぶ三人に笑いながら、悠斗は続ける。
「でも、孝太くんや幸穂ちゃんや香織ちゃんや沙織ちゃんがいますから難しいですよね。いつも通り公園で
一緒に遊んだりするだけでも、僕は充分に楽しいですけど。弟や妹が出来たみたいで」
悠斗の言葉に、恵たち3人はう~~んと唸りながら腕を組む。
「でも、たまには母じゃなくて女になりたいって恵の気持ちも分かるわ」と杏奈。
「ようは面倒を見てくれる人がいればいいのよね?」と眞子。

実は……と切り出す眞子。
恵の息子の孝太くんは今どきの子供らしく、youtubeを見るのが大好きなのだが、そのなかでも大好きなのが某ベテランお笑い芸人さんのキャンプ動画なのだという。そしてそんな孝太に感化されて、杏奈や眞子の子供たちも、四人の母親たちに向けて、折に触れて子供だけでキャンプをしてみたいと言っているのだ。そんな子供たちに向けて、眞子はとある計画を持ってきたのだと言う。

「ボーイスカウト?」

眞子の弟がボーイスカウトの運営に携わっており、そこでこれから始まる夏休みに一週間の長期キャンプ体験を行うのだという。一度体験入隊ということで、子供たち初めての親離れキャンプ体験はどうだろうか。ひとりなら寂しいかもしれないけれど、仲良し四人組での参加となれば不安も少なく楽しめるのでは? そして子供たちのキャンプに合わせて、自分たち大人組は、女子旅というていで温泉地にでも向かい、悠斗を混ぜてしっぽり小旅行に出かけるというのはどうだろうか。5泊6日くらいで、温泉地で1日ずつ悠斗をひとりじめするのだ。と、そういう計画を切り出す眞子である。それならばと、杏奈のほうも、知り合いが温泉地で旅館やってるから、料金のほうは勉強してくれるしそこに行こうと応じる。悠斗も恵も、その魅力的な提案を断る理由は無かった。悠斗にはコツコツとバイトして貯めているお金があるので、旅費がおんぶにだっこにならないくらいの行楽になるなら後ろめたくない。たまには散財するのも良いだろう。

こうして、三人の性欲旺盛元ヤリマン奥様たちと、一匹の若いオスによる、温泉地でのねっとりどろどろズコズコパコパコ旅行が開催される運びとなったのだった。

OS : 日本語版 Windows/7/8/10
CPU : win7 以降の場合:Pentium3 1GHz 以上 (推奨:Pentium4 1.4GHz 以上)
ドライブ : 4 倍速以上の DVD-ROM ドライブ(推奨:8 倍速以上)
メディア : DVD-ROM
メモリ : 512MB
ビデオカード : 1280×960/65536 色以上表示可能なディスプレイ及びグラフィックボード
DirectX : DirectX9.0 以降が導入されている環境を推奨
ボイス : 女性フルボイス。卑語無●正。
倫理規定 : 一般社団法人日本コンテンツ審査センターの審査基準に準ずる。
「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。